しじみ 病気

しじみはどんな病気に良いといわれている?

しじみはどんな病気に良いといわれている?

しじみはどんな病気に良いといわれているのかというと、主に肝臓病です。肝機能の低下に対して高い改善効果を発揮する栄養成分が含まれているからです。その代表的なのがオルニチンです。他にも、肝機能を助けるタウリンやメチオニンなどが含まれていて、肝臓の働きに必要なタンパク質、ビタミン、各種アミノ酸なども含まれています。また、鉄や亜鉛などのミネラルも豊富なので、肝臓や二日酔い防止に効果的です。但し、オルニチンの1日当たりの摂取量は、400mg〜1000mgと言われていて、しじみに多くのオルニチンが含まれていると言ってもこれだけの量を摂るには、多量のしじみを食べないといけません。現実的には難しいので、効果的に摂取するには、しじみエキスを使用したサプリメントがおすすめです。しじみエキスの効能は、絶対的なものではなく、オルニチンをサプリメントから摂取する場合、気をつけないといけません。オルチニチンだけを配合したサプリメを沢山摂取すると胃腸の調子が悪くなることがあります。また、しじみが肝臓に良いのは、肝臓が健康であるという条件下であくまで成立するものです。病気などが原因で肝機能が低下している場合は、しじみを摂ってもあまり効果は期待できません。

 

しじみ習慣通販

ホーム RSS購読 サイトマップ